ダッチオーブンの人気メーカー比較一覧

メーカーによっては、インチ単位でなくセンチ単位でサイズ展開しているところがあります。
その場合、1インチ=2.54センチメートルなので、25cmのものを10インチのものと大体同じサイズとして、
下の表で価格比較しています。

人気メーカーのダッチオーブンを値段順に並べて比較しました↓

メーカー 素材 メンテナンス 原産国 一言 10インチの実勢価格
スノーピーク
和鉄ダッチオーブン
ダクタイル鋳鉄
(耐熱シリコン塗装)
ふつう 日本 生産数が少なく品薄 21000円前後
ソト
ステンレスダッチオーブン
ステンレス とてもラク 日本 メンテナンスフリー 20000円前後
ユニフレーム
スーパーディープ
黒皮鉄板 ラク 日本 良いとこどり 14000円前後
ロッジ
キッチンダッチオーブン
鋳鉄 面倒 USA 老舗ブランド 10000円前後
コールマン
ダッチオーブン
鋳鉄 面倒 中国 老舗ブランド 9000円前後
ロゴス
SLダッチオーブン
鋳鉄 面倒 中国 安価な平均点 6600円前後
キャプテンスタッグ
ダッチオーブン
鋳鉄 面倒 中国 安価 3000円前後

スノーピーク(snow peak)和鉄ダッチオーブン

スノーピーク 購入者の評判・口コミ
スノーピーク ・思ったよりも丈夫で、多少荒い使い方をしても割れたりしなかった
・表面がシリコン塗装なので、たわしで汚れをごしごしとれる
・ダッチオーブンの中では圧倒的に軽い。家庭用にも最適。
・耐熱シリコンが焦げ付きにくく、洗うのがラク
・表面がシリコン塗装なのでたわしで汚れをゴシゴシとれる
・ダッチオーブンの中では圧倒的に軽いので家庭用にも最適
・シーズニングは不要だが、店員さんによるとしたほうが良いとのこと
・日本製ということもあり、しっかりした作りで見た目が素晴らしい

ソト(SOTO)ステンレスダッチオーブン

ソト 購入者の評判・口コミ
ソト ・ステンレスなので完全にメンテナンスフリー
・手入れがとにかくラクなので普段使いに最適。何年も使っているが不満なし
・シーズニング不要で、なおかつ洗剤でガシガシ洗える
・ステンレスなので高温まで加熱しても大丈夫
・取っ手をもった時の安定感が良く、ぶれない
・IHでも使えるので家庭用として使用している
・自宅でのカレーはもうこれでしか作らない!
・ステンレスなのでサビや衝撃に強い
・次の日もそのまま料理を温めて食べたいという人におすすめ
・かなりの重量があり、鋳鉄ほどでないにしてもしっかりと蓄熱してくれる
・ブラックポッドを育てるこだわりよりも取り扱いの良さを選ぶならこれ

ユニフレーム(UNIFLAME)スーパーディープ

ユニフレーム 購入者の評判・口コミ
スノーピーク ・工業品としての精度が非常に高く、蓋の密閉性などはロッジを上回ると思う
・底が平らなのでIHでも利用可能
・持ち手の安定感が良く、使い勝手は文句なし
・シーズニングや保管時のオイルの塗りこみは必要
・洗剤が使えるので手入れはかなり楽
・メンテは楽なほうがいいけどあまりにメンテフリーなのも味家ない、というわがままを叶える製品
・4.5mmの極厚黒皮鉄板なので普通の鋳鉄製ダッチオーブンのようにひび割れする心配がない
・フタの密閉性が高く、蒸気を逃がすことなく調理可能
・IH200Vの電磁調理器でも問題なく使えている
・製品についてくるレシピ集からできた料理のできあがりがプロ顔負けのものになった
・使った後にごしごし洗剤で洗ってその後水気をとばして油をぬるだけだが錆びる気配なし
・耐久性が抜群なのでメンテさえしていれば一生ものになる
・いろいろな調理に重宝している
・取っ手が2重になっているのでリフターで持ち上げても安定している
・最初にシーズニングが必要だが、とにかく手入れが楽
・ガイドブックを何冊も調べた結果ユニフレームを購入。結果は大正解。
・洗剤で洗えるのでダッチオーブンににおいが残らない
・魔法の鍋だと思う。分厚い鉄鍋が素材の味を引き出してくれる
・数年使っていると黒みをおびてきた。少しはブラックポットになる。
・アウトドア用だが家で使う回数が圧倒的に多い
・熱伝導性に優れているので強火の必要がほとんどなく、焦げ付きと無縁
・洗剤でバシャバシャ洗える特性は、特に薄暗いキャンプ場などで後片付けをする時に活躍する

ロッジ(LODGE)キッチンダッチオーブン

ロッジ 購入者の評判・口コミ
スノーピーク ・手塩にかけて自分だけのブラックポッドを育てたいならロッジ
・保温効果が非常にあり圧力鍋と同じような効果が得られた
・毎日使い込んで黒光りしてくるブラックポッドに愛着がもてる
・初期の油がまわりきってないうちはよく焦げ付く
・洗剤を使わず亀の子だわしで洗う必要がある
・キャンプ用にもキッチン用にも利用している
・老舗メーカーなので安心して利用している
・すでにシーズニングが済んでいるので初心者でも購入しやすい

コールマン(Coleman)ダッチオーブン

コールマン 購入者の評判・口コミ
スノーピーク ・本体と蓋はしっかりしている
・飾り気がなくシンプルで良い
・洗剤で洗わないでくださいとあるが、実際に洗剤をつけてゴシゴシ洗ってもオリーブオイルをつければ錆びなかった

ロゴス(LOGOS)SLダッチオーブン

ロゴス 購入者の評判・口コミ
スノーピーク ・安いダッチオーブンで言われる蓋と本体の密閉性は問題なし
・シーズニング済みなので手入れが楽チン
・使った後は手入れが必要だが、水分をふいてオリーブを塗るだけで大丈夫でした
・バッグ付きが購入の決め手
・シーズニングは不要だがダッチオーブンの醍醐味であるブラックポットに育てあげる楽しみがない
・鍋の淵につかめるところがないので、鍋の中身を出すときにはなべ底をもって出さないといけない。
・重いので鍋が熱いときは扱いにくい
・少し重いが良い商品だと思う
・表面処理も良くされていて密閉性も問題なし
・ローストチキンやら焼き物メインで使うのであれば、ロストルは絶対あった方がいい。片付けの手間がぜんぜん違う。
・アウトドアはもちろん家庭用ガスコンロ・IH対応はありがたい

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ダッチオーブン

キャプテンスタッグ 購入者の評判・口コミ
スノーピーク ・安価なので、こげ落としやシーズニングなどのメンテナンスを気兼ねなくできる
・鍋底の凹凸が激しいのでメンテナンスしづらい
・鍋の重さに対して取っ手が貧弱
・つくりは極めて雑だが、ふたの接合部分などのポイントはおさえている
・値段の割には満足
・他メーカーの製品と比べると表面などの仕上げが雑
・安いがそれなりに重量感がある

おすすめのダッチオーブン3選

1位 2位 3位
UNIFLAME
(ユニフレーム)
SOTO
(ソト)
LODGE
(ロッジ)
12インチ 約17,000円 12インチ 約26,000円 12インチ 約11,000円
黒皮鉄板製 ステンレス製 鋳鉄製
メンテナンスがラク
洗剤で洗える
シーズニング必要
値段ふつう
メンテナンスがとてもラク
洗剤で洗える
シーズニング不要
値段たかめ
メンテナンスが面倒
洗剤で洗えない
シーズニング必要
値段やすい

人気のサイズは10インチ、12インチ。サイズの目安は以下を参照。
例えば、ローストチキンも小さいサイズでなければ、普通サイズのものは10インチに入りきらない。
大きめの魚やローストチキンは、12インチでもギリギリという感じになってしまう。
5人以内の家族であれば、10インチでも何とかいける。今後6人以上の料理を作る可能性があれば12インチ。

サイズ 満水容量目安 適正炊飯量
8インチ 2.9リットル ~4合
10インチ 5.0リットル ~7合
12インチ 8.2リットル ~12合

このページの先頭へ